数学や物理は楽しくて面白いから好きになる

条件付き確率テーブル法


3割バッターですから、そろそろ打ちそうですねぇ

条件付き確率は、公式を暗記して使っているだけで、いまいち何をやっているのかわからないという人も多いと思います。

意味を理解しテーブルを作ることで、イメージできるようになって解きやすくなります。


条件付き確率の意味はわかったと思いますが、どうしてそういうものが必要なんでしょうか?どういうときに使うのでしょうか?



じゃあ練習問題をやってみましょう。


プロ野球でよく解説者が「1打席目、2打席目と凡退していますが、3割バッターですからそろそろ打ちそうですね」と言いますが、これって本当なんでしょうか?

< 数学のページへ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional